Loading

オーナーのつぶやき

まずやってみること、好きになること

こんにちは。
株式会社BOBの竹下真弘です。

好きになることは、成長の伸びしろをつくる

小学生のころから、冷蔵庫を開けてあるもので料理することが多かったおかげで、料理はとても好きです。自分が作ったものを「おいしい」と言ってもらえたりすると、ついつい作りすぎてしまいます。

お店で食べた料理が忘れられず、自分でも何度かチャレンジしたこともあります。お店の味を再現してを作るということはなかなか一回ではうまくできません。
何度か試してみてやっと完成するので、何日もかかりますし、何日も同じ料理ばかり食べていたなんて事もあります。

飽きないんですか?と言われることがありますが、「どうしてもあの味を食べたい」という気持ちが勝ってしまうので、結果的に飽きません。「次こそは!」と続けた結果、いろんなバリエーションを習得していきました。
これも「好き」な気持ちか、料理の幅を広げてくれたと思っています。

失敗の繰り返しが、上達の近道

この中で一番良かったなというのは、試してみようの発想のバリエーションが増えたという事。
そして、諦めずに継続して、一旦の結果が出るまでやり続けたという事。

料理というのは、一番身近で簡単に「試してみる」「やってみる」ができるものだからこそ、僕は何度もチャレンジしてしまいます。
料理ひとつとっても仕事を進める上で大切なものや必要な要素が詰まっているものです。料理は料理の腕を磨くとともに、仕事の腕も磨けますよ。

さて、皆さんも料理をしてみてはいかがでしょう?
改めてやってみると、何か気づくことがあるかもしれません。

健全な自己投資とは一流に触れる続けること

すべての人の可能性を信じ、挑戦し続ける

関連記事

  1. 心が動いた、コーヒーのCMから思い出したこと

    2018.04.04
  2. 人見知り

    2018.03.10
  3. 経営者インタビュー「B-plus 仕事を楽しむ」の取材を受けて

    2018.06.18
  4. BESTを尽くし、最大限の結果を創り続ける

    2018.04.01
  5. インフルエンサーマーケティングより効果的!?大注目のアンバサダーマーケティングと…

    2018.06.08
  6. 言葉の力

    2018.03.14

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP